ホーム>山愛窯の想い

山愛窯の想い

山愛窯のオブジェライト

磁器の白さとほんのりと照らした灯りが醸し出す陰影

山愛窯オブジェクトライト 廊下

2つの磁器の要素をお楽しみいただけるよう、企画・制作致しました。

磁器とは焼き物の一種で、1000年ほど昔、中国は景徳鎮にて製造されるようになったのが始まりと言われております。その後諸外国へ持ち出され各地で人気を博し、日本では17世紀以降、ヨーロッパでは18世紀以降には作られるようになりました。磁器は多くは食器・置物・花器などがありますが、その技術を活かしてセラミック製品も作られるようになっています。

山愛窯オブジェクトライト 玄関

私どもの所在する多治見市は美濃焼の産地として知られており、焼き物産地の歴史としては、1000年以上の歴史があります。磁器の製造も国内では後発ながら、歴史ある産業の1つになっております。
磁器には、しっかりと焼き上げることで強さ、白さとともに光を通す特性(透光性)が生まれます。しっかりと焼くとは、1300度以上の高温で、酸素をできるだけ絞った焼き方(還元焼成といいます)をすることです。
山愛窯は100年にわたりこの磁器食器の製造に携わり、磁器のすばらしさと作り上げる難しさを知っています。皆様にこの時期の良さを食器とは違う場面で味わっていただきたい想いで、一つ一つ丹念に手作りをしております。

オブジェライト ご使用の際の注意点

  • この製品は室内専用になっております。
  • 落下・強い衝撃をあたえますと破損いたします。また破損時の取り扱いにもご注意ください。
  • 電球の熱によりオブジェ部分に熱が付きますので、取り扱いにご注意ください。
  • 電球を交換される場合10W以下のものを使用してください。